FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次々に発生する仮想通貨の流出事件・仮想通貨の信用性が疑問視されている

記事引用(朝日新聞デジタル)
イタリアの仮想通貨交換業者「ビットグレイル」は14日までに、「Nano(ナノ)」と呼ばれる仮想通貨が流出したとする声明を発表した。米紙ウォールストリート・ジャーナルが先週報じたところでは、流出した金額は約1億7千万ドル(約180億円)相当になるという。
声明では、内部調査で不正な取引が分かったと説明しているが、具体的な経緯などは明らかにしていない。警察にはすでに届け出たとしている。経営者とみられる人物はツイッターで、「顧客に全額を返金することはできない」と投稿した。
ただ、ネット上では仮想通貨が本当に流出したのか、懐疑的な見方も出ている。


いよいよ仮想通貨の怪しさが爆発しています。
仮想通貨に関する信用性が最近疑問視されてきています。
各国中央銀行などが、仮想通貨には何の裏付けも無いと警鐘を鳴らしています。

今回の事件に関しては、内部犯行説又は盗まれた事実の真否についての疑問説など様々な波紋を広げています。
要するに、仮想通貨自体の存在のあやうさと、運営会社の怪しさが相まって、一気に様々な問題が噴出するので無いかと思います。
なんと言っても、もともと仮想通貨は、一定の計算式で出力された数字データでしか無く、金や銀、ドルなどで裏打ちされた信用性はありません。
もちろん、その価値を担保する何者も無いのです。
つまり仮想通貨には信用性や担保性が元々無いのです。

では、なぜ投資としてもてはやされていたのでしょうか?
それは、単なる目新しさと、ビットコインを代表とする初期開発の仮想通貨が右肩上がりに値上がりを続けていた実態があったためです。
しかし、先般日本で発生したコインチェック社からの580億円分の仮想通貨NEMの流出を受けて、仮想通貨の信用性や保管の確実性に強い疑問が持たれています。

仮想通貨を、外国為替の代わりにお手軽に交換出来る代換え通貨として使われることが想定されていましたが、今では投機以外の目的では保有されなくなっています。
つまり、外国などとの支払い通貨として仮想通貨が登場したのですが、結局価格の不安定性と手数料が高額になってきたことから、敬遠されています。

結局、投資目的で保有する人が多いのですが、最近の流出事件などを見ると、安全性は全く保証出来ない通貨だと思われています。
仮想通貨は、いずれ崩壊するとみています。
また、仮想通貨での支払いが始まっていますが、広がらないのではと思っています。
スポンサーサイト
おすすめリンク
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。